カワコウのギター三昧 #16

【カワコウのギター三昧#16】

どうも夢を見た後は必ず夢占いをしますギター講師カワコウです
あれ当たるんですかね
でも不安なので一応毎回占っております

さて
全4回にわたって書いてきた”フィンガーピッキング”最終回の今日は最近とても好きで時々使用している奏法”ギャロッピング”について書きたいと思います

まずどんなものかわかりやすいように
僕が参加しているGET BILL MONKEYSというバンドのロミオにさせてという曲を聴いてください

イントロの19秒あたりから使用しているのが
”ギャロッピング”という奏法です
ギターの音を歪ませているので聞きづらいかもなのですが
簡単にいうとベースとコードとメロディーを同時に出す事ができる奏法になります

ベースを親指で鳴らし

余った指でコードとメロディーを鳴らします

つまり右手の各指が独立して役割をもっている形になります

最初の方は親指などが他の指につられて
リズムが崩れたり
ある程度慣れが必要な奏法にはなるのですが
できるようになると一人でいろんな役回りができて非常に楽しいです

ちょっとギター弾いてよって言われた時に
弾くとモテる事間違いなし
だと思います

バンドの中でもギターがビートを出せるため
アンサンブルに躍動感を出す事が
でき上手く使う事ができれば
非常に使い勝手のいい奏法です

弾き語りの時なんかに使用すれば
躍動感も出せてきっと楽しい気持ちになると思います

さて全4回にわけて書いてきた”フィンガーピッキング”
書いた他にも様々な奏法があるのでいろいろ調べると楽しいと思います
ピックとフィンガーピッキングを使い分けてより表現力のあるギターを弾けるように頑張りましょう

では最後に”ギャロッピング”ならこの人
chet atkinsのmr sandmanでお別れしましょう
最後まで読んでいただきありがとうございました

カワコウのギター三昧 #14

【カワコウのギター三昧#14】

どうも麻婆豆腐大好きギター講師カワコウです
麻婆豆腐と米の組み合わせは数ある幸せの中で5本指にはいる幸せですね
言い過ぎか
でもコスパも良くて良いですね

さて前回は”フィンガーピッキング”について書きました
今回も引き続き”フィンガーピッキング”について書いていきたいと思います

”フィンガーピッキング”の利点として僕が一番良いと思うのが複音やコードなど違う弦の音を同時に鳴らせる事だと思います
コードなどをピックで弾く場合ダウンストロークやアップストロークにしろどうしても
音が鳴るまで時差がでてしまいます

これはギターの特性上しょうがない事で
ギターらしい音色で悪くないのですが
これを解決してくれてるのが”フィンガーピッキング”です
各弦を指でピッキングするわけですから
ピックで弾くよりも時差がなくなります

わかりやすくいうとピアノでのコードの鳴らし方に近いと言えます
僕的にこちらの方がコードの塊としての聞こえかたが強く歌の伴奏などで効果的に使えます

もちろんピックを使った時にでるアタック感は少し弱くなるのでそちらも併用した使い方になります
例えば曲中で静かな所は指で弾き
ビートを出したい所ではピックで弾く
など曲に緩急をつける事ができます
この緩急が非常に大事で表現の幅が広がると思うので是非取得したいですね

では最後に”フィンガーピッキング”で素晴らしいリズムギターを弾きながら素晴らしい歌声が聴けるjohn mayerのstop this trainでお別れしましょう
john mayerは”フィンガーピッキング”の名手でたくさん独自の奏法があるので是非他の曲も参考にするといいと思います

最後まで読んでいただきありがとうございました