「Piano is my Life.」 Vol.1   伊東ミキオ

ピアノを弾き始めて47年。
半世紀が経とうとしている。恐ろしや(汗)
小学一年生だった僕にピアノをやったらいいかもしれませんねと
言ってくれた担任の先生。それが嬉しくて嬉しくて!ピアノを習い始めたのだった。
先日親父に確認したらヤマハのアップライトピアノを購入してくれたのが昭和51年3月25日で自宅に届いたのが昭和51年4月24日。当時の領収書もしっかりと保存されていました。
自衛隊官舎の4階に住んでいたのでピアノ搬入が大変で搬入代金は当時のお金で27,000円。ピアノ本体は数十万円(ご想像にお任せします)
今思うと親父もお袋も相当な思いで僕にピアノを習わせてくれたんだなと
改めて感謝の気持ちでいっぱいになっております。
21歳で熊本から上京してプロになったのが23歳の時です。
今年デビュー31周年目なのか。あっという間ですね。
いいこともあれば辛いこともたくさんありました。
音楽に突き落とされては、何度も救われてきました。
このブログではピアノの話や、僕が影響されてきたピアノマンやバンドの話。
実際ライブやレコーディングで体験してきた話を綴っていけたらと思います。
それでは次回をお楽しみに!
(写真は今は熊本にあります愛用したピアノ)

講師紹介 伊東ミキオ|プロミュージシャンが直接教える音楽教室

講師紹介シリーズ第13弾は、キーボード講師として新たに加わった、ウルフルズのサポートでもお馴染みロックンロール&ブルースピアニスト伊東ミキオのご紹介です!

伊東ミキオ プロフィール

1967/1/23生まれ                             熊本県熊本市出身 水瓶座/B

Sound Producer, Arranger, Keyboard Player, Singer Song Writer

1990年、バンド“GROUND NUTS”のメンバーとしてメジャービュー。同バンドではキーボードを担当。’92年脱退後、ソロ活動を開始。1999年から2009年まで、ウルフルズのツアー、レコーディグにレギュラーサポートメンバーとして参加。

その他、トータス松本、秦 基博、石橋凌、八代亜紀、黒木渚、藤井フミヤ、加山雄三、佐野元春、仲井戸 麗市、泉谷しげる、宮田和弥、家入レオ、KAN、ましまろ、内田勘太郎、THE MODS、ザ・マックショウ、THEイナズマ戦隊、矢井田瞳、ARB、岩川浩二、Bloodest Saxophone、馬場俊英、ゆず、 PUFFY、三宅伸治、ジュウェル・ブラウン、ビッグ・ジェイ・マクニーリー、などのツアーサポートやレコーディングにも参加。国内外問わず精力的に活動を続けている。

なお、自分自身のソロ活動も積極的に行なっており現在までに6枚のソロアルバムを出している。

日本屈指のロックンロール&ブルースピアニスト。ロックンロール、そしてブルースの基本中の基本から教えます。弾き語りもやっているのでピアノシンガーソングライターを目指している方々は是非!作曲法なども教えます。

講師紹介 野呂尚輝|プロミュージシャンが直接教える音楽教室

講師紹介シリーズ第11弾は、「キーボード」「DTM」            担当 野呂尚輝!!

野呂尚輝プロフィール

『4歳からクラシックピアノを習う。
学生時代に”EARTH,WIND&FIRE”に影響を受けキーボードの演奏を始め、バンド”Rain and Flowers”のキーボード担当として活動を開始。

音楽のジャンルとしてポップスを中心に、バンドや弾き語りアーティストのサポート、レコーディング、音源製作に携わる。

現在はバンド”GET BILL MONKEYS”のキーボード担当として、活動中。』

自身のバンド、GET BILL MONKEYS では、ファンキーでメロウな鍵盤を弾きならし、巧みなコーラスワークでフロアの観客を魅了している!!そんなGET BILL MONKEYSの初の全国流通となるアルバムが12月18日に発売される!!

GET BILL MONKEYS のホームページはこちら