カワコウのギター三昧 #16

【カワコウのギター三昧#16】

どうも夢を見た後は必ず夢占いをしますギター講師カワコウです
あれ当たるんですかね
でも不安なので一応毎回占っております

さて
全4回にわたって書いてきた”フィンガーピッキング”最終回の今日は最近とても好きで時々使用している奏法”ギャロッピング”について書きたいと思います

まずどんなものかわかりやすいように
僕が参加しているGET BILL MONKEYSというバンドのロミオにさせてという曲を聴いてください

イントロの19秒あたりから使用しているのが
”ギャロッピング”という奏法です
ギターの音を歪ませているので聞きづらいかもなのですが
簡単にいうとベースとコードとメロディーを同時に出す事ができる奏法になります

ベースを親指で鳴らし

余った指でコードとメロディーを鳴らします

つまり右手の各指が独立して役割をもっている形になります

最初の方は親指などが他の指につられて
リズムが崩れたり
ある程度慣れが必要な奏法にはなるのですが
できるようになると一人でいろんな役回りができて非常に楽しいです

ちょっとギター弾いてよって言われた時に
弾くとモテる事間違いなし
だと思います

バンドの中でもギターがビートを出せるため
アンサンブルに躍動感を出す事が
でき上手く使う事ができれば
非常に使い勝手のいい奏法です

弾き語りの時なんかに使用すれば
躍動感も出せてきっと楽しい気持ちになると思います

さて全4回にわけて書いてきた”フィンガーピッキング”
書いた他にも様々な奏法があるのでいろいろ調べると楽しいと思います
ピックとフィンガーピッキングを使い分けてより表現力のあるギターを弾けるように頑張りましょう

では最後に”ギャロッピング”ならこの人
chet atkinsのmr sandmanでお別れしましょう
最後まで読んでいただきありがとうございました

カワコウのギター三昧 #15

【カワコウのギター三昧#15】

どうも思い出話し大好きギター講師カワコウです
友達によると思い出話しをすると寿命が延びるそうです
長生きしたい人は是非思い出話しするといいかもしれません

さて今回も引き続き”フィンガーピッキング”について書いていきたいと思います
今回紹介するのは”チキンピッキング”です
なんか美味しそうな名前の奏法ですが
とても使い勝手が良く僕も非常にお世話になっている奏法です
これは前回紹介した奏法と違いピックを持ったまま使う奏法になります
やり方としては
右手でピックを持ち余った中指やクスリ指でで弦を弾きます

この時大切なのが弦を少し引っ張り気味に弾くという事です

このように弾くとブライトで非常に元気な音がでます
元々カントリー系のギタリストが使用していた奏法で
現在はペトロールズや東京事変でお馴染みの長岡亮介さんなどその他幅広いジャンルで使用されている奏法になります

指で弾かれた音が鶏の鳴き声に似ていたことからこの様な名前がついたそうです

この奏法の便利な所はピック+指で音が出せるため音数の多いフレーズなどを楽に弾けるようになる事です
指を補助的な役回りにしてピックを最小限の動きにするイメージです
さらに3弦から1弦などの弦飛びフレーズを
3弦(ピック)1弦(中指)など担当を分ける事で
簡単に弾ける事ができます

このようにフレーズの幅がピックでだけの時より広がる事によってギターの表現できる幅も広がり是非取得したい奏法ですね

指で弾いた音色はブライトな独特な音色をしているので同じフレーズでもピックでだけの時と違った風に聞こえるので使いこなして
ギタリストとしての表現の幅を広げるのに良いのではないでしょうか

それでは最後にチキンピッキングの名手
albert leeのcountry boyでお別れしましょう
最後まで読んでいただきありがとうございました

カワコウのギター三昧 #14

【カワコウのギター三昧#14】

どうも麻婆豆腐大好きギター講師カワコウです
麻婆豆腐と米の組み合わせは数ある幸せの中で5本指にはいる幸せですね
言い過ぎか
でもコスパも良くて良いですね

さて前回は”フィンガーピッキング”について書きました
今回も引き続き”フィンガーピッキング”について書いていきたいと思います

”フィンガーピッキング”の利点として僕が一番良いと思うのが複音やコードなど違う弦の音を同時に鳴らせる事だと思います
コードなどをピックで弾く場合ダウンストロークやアップストロークにしろどうしても
音が鳴るまで時差がでてしまいます

これはギターの特性上しょうがない事で
ギターらしい音色で悪くないのですが
これを解決してくれてるのが”フィンガーピッキング”です
各弦を指でピッキングするわけですから
ピックで弾くよりも時差がなくなります

わかりやすくいうとピアノでのコードの鳴らし方に近いと言えます
僕的にこちらの方がコードの塊としての聞こえかたが強く歌の伴奏などで効果的に使えます

もちろんピックを使った時にでるアタック感は少し弱くなるのでそちらも併用した使い方になります
例えば曲中で静かな所は指で弾き
ビートを出したい所ではピックで弾く
など曲に緩急をつける事ができます
この緩急が非常に大事で表現の幅が広がると思うので是非取得したいですね

では最後に”フィンガーピッキング”で素晴らしいリズムギターを弾きながら素晴らしい歌声が聴けるjohn mayerのstop this trainでお別れしましょう
john mayerは”フィンガーピッキング”の名手でたくさん独自の奏法があるので是非他の曲も参考にするといいと思います

最後まで読んでいただきありがとうございました

カワコウのギター三昧 #13

【カワコウのギター三昧#13】

どうも極度の近眼ギター講師カワコウです
昔はコンタクトもしていましたが
面倒臭くなり只今メガネ生活をしております

さて前回まではピッキングについて話してきましたが
今回は打って変わって”フィンガーピッキング”について書いていきたいと思います
”フィンガーピッキング”という名前から分かるようにピックを使わずに指で弦をピッキングする技術になります
僕も普段から活用して良く使う奏法になります

主に僕が使うのは6弦〜4弦あたりの太い弦を親指で

3弦〜1弦の細い弦を人,中,薬指で

弾きます

もちろんフレーズや曲中で例外的に違う指を使ったりもするのですが
基本的にこの配役で弾きます

指のどの箇所を弦に当てるかも重要で
音が変わってきます
例えば
指の腹に近いほう

で弾くとまろやかで丸みを帯びたトーンの音がでます
オクターブ奏法などと組み合わせると非常に効果的です

爪のほう

で弾くと
高音の効いた抜ける音がします
単音のギターソロなどアクセントをつけたい時に僕は良く使います

このようにピックで弾く時とは違い
様々な音色が出す事ができる
”フィンガーピッキング”取得すると
間違いなく表現の幅が広がると思います
今後何回かにわけてこの”フィンガーピッキング”で僕が特に良く使う奏法を説明していけたらと思います

最後に”フィンガーピッキング”といったらこの人jeff beck-cause we’ve ended as lovers
でお別れしましょう
最後まで読んでいただきありがとうございました

カワコウのギター三昧 #12

【カワコウのギター三昧#12】

どうもごま団子が大好きギター講師カワコウです
出来立てのごま団子は熱々で食べづらいですがカリカリしていて甘くて美味しいですよね
中華街行きたいな〜

さて気を取り直して
しばらくピッキングの事について話してきましたが
もう一つ僕のよく使うというか
使いすぎて癖になっている奏法をご紹介します
それは”巻き込みピッキング”です
これよく使うんですが名称がわからず
適当につけました(笑)
例に漏れず写真で説明すると

1弦15fを弾くときに

右手で他の弦をミュート(軽く触れて音を消す)して巻き込みながら音を出します

なかなか分かりづらいと思うのですが
ストロークをするように一つの音をピッキングする感覚です
右手のミュートがとても大切で音をできるだけ出さないのがポイントです
これは本当によく使う奏法で
初めて知ったのはエリッククラプトンを映像で見た時です
音は一つしか鳴っていないのに
右手は他の弦を鳴らしていたのです

こうする事で音に助走がつきより説得力がつきます
大きい声を出すときに息をたくさん吸い込みますよね?
その原理と一緒です
より人間らしいというか
機械には出せない素晴らしい音がでます

ギターには息継ぎがなくても弾けるという特性があります
サックスなどトランペットには息継ぎをするという行為が付属するのでより人間らしい音色使いになります

今回のテクニックはギターにもその人間らしさをつける奏法だと思います
この人間らしさというのがギターを弾く上でとても重要な課題でそれにすこし近づける
この奏法は是非取得していただきたいですね

全4回にわたってピッキングや右手の技術に関しての事を書いてきましたがいかがでしたでしょうか?
コードを抑えたり忙しい左手に注目がいきがちですが右手の技術を見直す事で
よりサウンドや表現の幅が広がるのではないでしょうか
それでは最後に素晴らしい”巻き込みピッキング”が聴けるBBkingのthrill is goneでお別れしましょう
最後まで読んでいただきありがとうございました

カワコウのギター三昧 #11

【カワコウのギター三昧#11】

どうもコーヒー大好きギター講師カワコウです
ギターを練習する時必ずと言っていいほど
コーヒーを横に置いてます
頭もさえて作業効率UPしているはず、、

前回ピッキングハーモニクスについて書きました
今回は”逆アングルピッキング”について書きたいと思います

”逆アングルピッキング”とはなんぞやと思う人もいると思うのですが

ピッキングフォームには大きく分けて3つあります
それは弦に対してピッキングする時のピックの角度によって変わります

一般的なのは”順アングルピッキング”

ピックが弦に対してネックの方に角度がついています

こちらは”平行アングルピッキング”

弦に対してピックが平行になっています

そしてこちらが”逆アングルピッキング”

”順アングルピッキング”とは逆側に角度がついています

見るからに弾きにくそうなフォームですね
実際ギターをある程度弾いてる人が
このフォームで弾くと今まで何をやってきたんだというくらい弾きにくいです

しかしやってみると明らかに今までとギターの音が変わってきます
言葉で表すのは難しいのですが
音の粒立ちが格段に良くなります
芯のある音といいましょうか

さらにこの”逆アングルピッキング”は
カッティングとの相性がとても良いです
アップピッキングのときに弦にピックが
程よく噛むのでファンキーな裏のリズムが強調されてとてもかっこいいサウンドになります

それでは最後に逆アングルピッキングのサウンドがかっこいいjimi hendrixのbleeding heartでお別れしましょう
最後まで読んでいただきありがとうございました

カワコウのギター三昧 #10

【カワコウのギター三昧#10】

どうも最近エアコンを解禁しましたギター講師カワコウです
梅雨のジトジトした雰囲気も文明の利器
エアコンでこんなに快適になるなんて
エアコンを発明してくれた方には頭があがりませんね
エアコンの使いすぎで電気代が上がるのは怖いですが

前回ピッキングの重要性について書きましたが
今回からは様々なピッキングの仕方について書きたいと思います

まず僕が良く使用するテクニックの
”ピッキングハーモニクス”について

このテクニックはピックを深く持ち

弦をピックで弾いたのち
親指をかすらせます

するとギターの音の中で基音と呼ばれるものが消され倍音だけが残るので
実際鳴らした音よりもキーンとした高い音が残ります
これが”ピックハーモニクス”です

習得するになかなか時間がかかる奏法ですが
辛抱強くやっていれば必ず習得できる奏法なので習得したいですね
一般的にロックやメタルなど深く歪んだ音で使用するのが多いですが
僕はあまり歪んでないクリーン〜クランチの音で使用するのが大好きです

深く歪んだ音で使用すると派手でかっこいいサウンドになりとても良いのですが
クリーンな音で使用すると人がむせび泣いたようなとても味わい深い音になります
チョーキングなどと組みわせるとさらに
効果的です
バラードなどで使用するととても泣ける
良いアクセントになるので是非取得してほしい奏法の一つです

それでは最後に前回も紹介しましたが
derek and the dominosのbell bottom blues
をお聞きください
2:33〜のギターソロは
ブログでもたくさん登場している
エリッククラプトンによるものなのですが
ピッキングハーモニクスとチョーキングをうまく織り交ぜたとても素晴らしいソロなので
参考に是非聞いてみてください

カワコウのギター三昧 #9

【カワコウのギター三昧#9】

どうも暑いのがとても苦手なギター講師カワコウです

前回から少し間が空きましたが本日もギターの事について書いていきたいと思います

さて皆さんギターを弾くとき何で弾きますか?
ほんとんどの人は”ピック”と答えると思います
ピックとはこうやつですね

厚さ,材質,形によって出る音も様々で
種類もたくさんあるので選ぶ人の個性が出るのではないでしょうか
個人的には硬い材質でティアドロップという形が好みです

最初の方はどれを選べばわからないと思うのでいろんな種類を買って自分にあうものを見つけるのが良いかなと思います

ピックの基本的な持ち方は
人差し指の側面にピックを載せます

次にその上から親指を被せます

この時親指に力を入れすぎないのがポイントです
力を入れすぎるとピックと弦が触れるときに余分な力が加わり良い音が鳴ってくれません
最初はピックが安定しないので力を入れがちなのですが
出来るだけ脱力して持ち
だんだん力を入れて良いピッキングが出来るように加減しましょう

左手はコードを押さえたり
運指が複雑だったり
集中して練習する事が多いのですが
音を最終的に出すのは右手なので
今一度良いフォームを見直すのが良い音を出すために大事な事だったりします

では最後にとても爽快なピッキングで
軽快な音を聞かせてくれるoasisのwonderwallでお別れしましょう

最後まで読んでいただきありがとうございました

カワコウのギター三昧 #8

どうも12月が大好きなカワコウです
12月は誕生日,クリスマス,大晦日
僕の大好きな三大イベントがあるのが素晴らしいですね

ちなみに僕の誕生日は12月5日ウォルトディズニーと一緒です

そんな話はさておき

長らく”カッティング”についてお話ししてきました
前回は和音をいかに素早く鳴らす事が
重要という話をしてきました
今回はその話とは真逆になります
”カッティング”に限らずにはなるのですが
素晴らしいバッキングの名手david t walkerについて話したいと思います
まずは彼のギターを聞いてみましょう

ドリカムと共演した時の映像です

どうでしょう?
前回紹介したcory wongのギターとは
真逆に弦を撫でるように弾いているのが
わかります
同じギターなのに弾き方一つでこんなにも
出てくる音が違います
彼のギターを一度生で聞いた事があるのですが、まるで耳もとで囁くような優しい音色ですごく心地よかったです
観客で見に行っていた僕がそう感じたということは、そのバッキングにのせて歌う人はさぞ気持ちいいのではないでしょうか

良いバッキングにはいろいろな条件があるのですが
やはり一番大事なのは歌う人が歌いやすいバッキングを演奏することだと思います
これはバッキングをするギタリストの腕の見せ所で個性がはっきりあらわれるところではないでしょうか

ここで一つdavid t walkerが得意とする奏法を紹介します
まずはm7コードを押さえます

この状態から小指を使って他の音をだしていきます

音的には
11th,13thの音をだします

この囁くような奏法はとてもドラマチックで楽曲に良いアクセントを与えてくれます
いろいろなジャンルで使える万能なフレーズなので是非取得したいですね

さて全4回でカッティングやリズムギターについて話してきましたが
楽曲でのリズムギターの割合はソロギターに比べて格段に多いと思います
いいギタリストの条件として良いリズムギターを弾けるというのは最低条件なのではないでしょうか
リズムギターに焦点を当てて練習すると
今よりレベルアップしたギターが弾けると思います

david t walkerが参加しているマービンゲイのYou Sure Love to Ballでお別れしましょう
最後まで読んでいただきありがとうございました

カワコウのギター三昧 #7

どうも美容院に行く事をサボるとすぐに毛量がすごいことになり汗が止まらなくなりやすいカワコウです

さて引き続き”カッティング”について
前回は和音(コード)について書きました
これは非常に音楽的な話になりましたが
今回は身体的な方面から”カッティング”に
ついて書いていきたいと思います

”カッティング”というくらいですから
音を切る(音価をできるだけ短く)事が非常に大事になってきます
一概に全ての音価をできるだけ短くすることが正しいとは限らないのですが
基本的な事ととしていかに音を素早くカットするかが重要になってきます

まずはストロークする右手に焦点をあてると
重要になってくるのは”振り下ろすまたは振り上げる”ストロークのスピードです

和音は基本複数の音を同時に鳴らすのですが
ギターは特性上同時には鳴らせません(指で弾けば同時に鳴らせますがここではピックで弾くこととします)
なぜならピックを持った右手を振り下ろすまたは振り上げる時に各弦にヒットする時間が微妙にずれるからです

”カッティング”を用いてリズムを出す時に
このばらつきは致命傷になります
なので右手はなるべく素早くストロークする必要があります

この時重要になってくるのは手首のスナップです
野球選手が変化球をかけるかの如く
右手のスナップが大切になってきます
同時に右手を脱力させるのも大切で
力任せに弾いてしまってはギターも良い音がでてくれません

例えるのであれば
団扇を使う時に風量を上げるには
手首のスナップを使いますよね
力任せにあおいでいては逆に疲れるだけです

右手のストロークスピードを極力あげて
各弦のばらつきを押さえた和音をだすと
いうことはかっこいい”カッティング”への第一歩ではないでしょうか

では最後にcory wongというギタリストを紹介しましょう
彼の右手のストロークは脱力,スナップどれをとっても一級品で素晴らしい歯切れの良い
”カッティング”を披露しています

最後まで読んでいただきありがとうございました