うちで叩こうvol.1 全ては楽器に  森信行

はじめまして

このたびブログを書かせて頂く事になりました。
ドラムの森信行です。よろしくお願いします!!

コロナ自粛を受けて、ステイホームの間、皆様いかがお過ごしでしたか??

僕はふだんの練習はスタジオでの個人練習がほとんどで、自宅では譜面を書いたり音楽を聴いたりするだけだったので、改めて自宅での練習環境について考えるいい機会になりました。

せっかくなので、この期間中に自分がなにをやっていたか。「うちで叩こう」を合い言葉に小出しにしてご紹介していきますね。

第1回目のテーマは 全ては楽器に

自宅の楽器以外のものをかき集めて、星野源さんのうちで踊ろう動画とコラボしてみました。

用意したもの
お箸 コロナビール瓶 紙パック日本酒 つぶした空き缶 おかきの入った袋

全てリモート飲み会の残骸ですが 笑

ガラス瓶、スチール缶、紙、ビニール それぞれ違うサウンドキャラクターのもので音にメリハリをつけてみました。

ドラム以外のものでも、何事も叩く前のイメージが大事です。最初に演奏せずに飲んでるのも、ただ飲んだくれてるのではなく、曲の物語性を考えてあえての無音でした。空き缶が転がるのはかなり想定外でビビリましたが、缶のふらつきから生まれる装飾音的効果は、始めから狙って出してます!

ほんまかw

準備一時間(コロナビール買い出し時間含む) ちょっと練習して iPhoneでセルフ録画一発OK 動画編集半日 笑
結構おもろい画になりました!軽い気持ちで投稿したら、なんとtwitterで9万再生!あっ 自慢入りましたね。すいません。こちらの楽しい気持ちよさを、リモートでも色んな方に伝えることができて、本当嬉しかったです!

次回からは自宅で再構築した練習キットのお話を、何回かに分けてしていこかなと思ってます。

よろしくお願いしまーす!

ドラムチューニングについて その3

北村優一のブログ (2020.5.13)

今回は僕の行なっているメンテナンスや、セットアップについて少し書いてみます。

ドラマーの方にご依頼頂いたり、自分で手に入れた楽器だったり、、普段からいろんな楽器をメンテナンス/調整しております。

今回は、新しく手に入れたスネアドラムです。

新しく…とは言っても80年代の製造と思われる古いドラム、
Ludwig というメーカーのメタルスネア LM402 というモデルです。

サビなど汚れの強い状態でしたので、全てのパーツを分解しパーツのチェック、脱脂洗浄、サビとり、クリーニング、オイルアップ、ワックスコーティング…
オーバーホールをしていきました。

メッキの浮いてしまっている箇所については手の加えようがありませんでしたが、その他は問題もなく、輝きも取り戻して綺麗な状態へ復活。
(筋トレと言えるくらい磨きました。。綺麗になったな〜涙)

[Before]

[After]

打面側のエッジトップのみ尖っておりました。
誰かが手を加えたのでしょうか。。
(そういえば、先日書きましたDrum Doctorsも402のエッジに手を加えて改造していました。)

そんなエッジも相まってか80年以前のモデルと比較するとややシャープな輪郭、膨らみや響きの量感よりもアタック、、そんなふうに感じる線の強さがあります。

[尖っている打面側のエッジトップ]

組み上げて、ヘッドやスナッピーなどのセットアップを色々と試します。
そして、、
打面にはREMOのsuedeE、
スネアサイドはLudwig純正、
スナッピーもLudwig純正20本モデルに。

フープは打面に当初より装着されていた1.8㎜steelフープ、ボトムサイドは70’s Ludwig 当時のオリジナル1.6㎜のsteelフープに交換しました。
最近ハマっているワッシャーは全てのブラス製。
(元々装着されていたワッシャーも大半がブラス製でした。)

今手に入る1.6㎜フープに比べても軽く感じる、Ludwig 70’s初期の頃のオリジナル1.6㎜のsteelフープ。
その重量が影響しているかと思うのですが、スネアシェルのキャラクターがグッと前に出て軽やかな太さがみえてきます。
フープで重量感を強く増やさずに締めてくれるポイントは、このLudwigとは特に相性が良いな〜と思いました。

もう少しこうなったらいいなと思う部分をフープやヘッドなどのセットアップをいろいろと試していくと、おっ!と感じる組み合わせに出会えたり…結果元のセットアップに戻ったり…、この色々探っていく作業はとても楽しく勉強にもなるのでよくやっています。

軽く試奏

こうして整えていく作業は、楽器への愛着も深まります。

またの機会に、メンテナンスの細かな作業についてご紹介できれば、、と考えております!

ご覧くださりありがとうございました!