カワコウのギター三昧 #15

【カワコウのギター三昧#15】

どうも思い出話し大好きギター講師カワコウです
友達によると思い出話しをすると寿命が延びるそうです
長生きしたい人は是非思い出話しするといいかもしれません

さて今回も引き続き”フィンガーピッキング”について書いていきたいと思います
今回紹介するのは”チキンピッキング”です
なんか美味しそうな名前の奏法ですが
とても使い勝手が良く僕も非常にお世話になっている奏法です
これは前回紹介した奏法と違いピックを持ったまま使う奏法になります
やり方としては
右手でピックを持ち余った中指やクスリ指でで弦を弾きます

この時大切なのが弦を少し引っ張り気味に弾くという事です

このように弾くとブライトで非常に元気な音がでます
元々カントリー系のギタリストが使用していた奏法で
現在はペトロールズや東京事変でお馴染みの長岡亮介さんなどその他幅広いジャンルで使用されている奏法になります

指で弾かれた音が鶏の鳴き声に似ていたことからこの様な名前がついたそうです

この奏法の便利な所はピック+指で音が出せるため音数の多いフレーズなどを楽に弾けるようになる事です
指を補助的な役回りにしてピックを最小限の動きにするイメージです
さらに3弦から1弦などの弦飛びフレーズを
3弦(ピック)1弦(中指)など担当を分ける事で
簡単に弾ける事ができます

このようにフレーズの幅がピックでだけの時より広がる事によってギターの表現できる幅も広がり是非取得したい奏法ですね

指で弾いた音色はブライトな独特な音色をしているので同じフレーズでもピックでだけの時と違った風に聞こえるので使いこなして
ギタリストとしての表現の幅を広げるのに良いのではないでしょうか

それでは最後にチキンピッキングの名手
albert leeのcountry boyでお別れしましょう
最後まで読んでいただきありがとうございました

カワコウのギター三昧 #12

【カワコウのギター三昧#12】

どうもごま団子が大好きギター講師カワコウです
出来立てのごま団子は熱々で食べづらいですがカリカリしていて甘くて美味しいですよね
中華街行きたいな〜

さて気を取り直して
しばらくピッキングの事について話してきましたが
もう一つ僕のよく使うというか
使いすぎて癖になっている奏法をご紹介します
それは”巻き込みピッキング”です
これよく使うんですが名称がわからず
適当につけました(笑)
例に漏れず写真で説明すると

1弦15fを弾くときに

右手で他の弦をミュート(軽く触れて音を消す)して巻き込みながら音を出します

なかなか分かりづらいと思うのですが
ストロークをするように一つの音をピッキングする感覚です
右手のミュートがとても大切で音をできるだけ出さないのがポイントです
これは本当によく使う奏法で
初めて知ったのはエリッククラプトンを映像で見た時です
音は一つしか鳴っていないのに
右手は他の弦を鳴らしていたのです

こうする事で音に助走がつきより説得力がつきます
大きい声を出すときに息をたくさん吸い込みますよね?
その原理と一緒です
より人間らしいというか
機械には出せない素晴らしい音がでます

ギターには息継ぎがなくても弾けるという特性があります
サックスなどトランペットには息継ぎをするという行為が付属するのでより人間らしい音色使いになります

今回のテクニックはギターにもその人間らしさをつける奏法だと思います
この人間らしさというのがギターを弾く上でとても重要な課題でそれにすこし近づける
この奏法は是非取得していただきたいですね

全4回にわたってピッキングや右手の技術に関しての事を書いてきましたがいかがでしたでしょうか?
コードを抑えたり忙しい左手に注目がいきがちですが右手の技術を見直す事で
よりサウンドや表現の幅が広がるのではないでしょうか
それでは最後に素晴らしい”巻き込みピッキング”が聴けるBBkingのthrill is goneでお別れしましょう
最後まで読んでいただきありがとうございました

カワコウのギター三昧 #11

【カワコウのギター三昧#11】

どうもコーヒー大好きギター講師カワコウです
ギターを練習する時必ずと言っていいほど
コーヒーを横に置いてます
頭もさえて作業効率UPしているはず、、

前回ピッキングハーモニクスについて書きました
今回は”逆アングルピッキング”について書きたいと思います

”逆アングルピッキング”とはなんぞやと思う人もいると思うのですが

ピッキングフォームには大きく分けて3つあります
それは弦に対してピッキングする時のピックの角度によって変わります

一般的なのは”順アングルピッキング”

ピックが弦に対してネックの方に角度がついています

こちらは”平行アングルピッキング”

弦に対してピックが平行になっています

そしてこちらが”逆アングルピッキング”

”順アングルピッキング”とは逆側に角度がついています

見るからに弾きにくそうなフォームですね
実際ギターをある程度弾いてる人が
このフォームで弾くと今まで何をやってきたんだというくらい弾きにくいです

しかしやってみると明らかに今までとギターの音が変わってきます
言葉で表すのは難しいのですが
音の粒立ちが格段に良くなります
芯のある音といいましょうか

さらにこの”逆アングルピッキング”は
カッティングとの相性がとても良いです
アップピッキングのときに弦にピックが
程よく噛むのでファンキーな裏のリズムが強調されてとてもかっこいいサウンドになります

それでは最後に逆アングルピッキングのサウンドがかっこいいjimi hendrixのbleeding heartでお別れしましょう
最後まで読んでいただきありがとうございました