「ドラムチューニングについて その8」    スネア制作編

北村優一のブログ

オリジナルスネア作成

その後、スネアベッドも微調整して塗装をしました。

塗装そしてサンディング、難しいかな~と構えていたのですが、手作業を重ねていく事でそれに応えてくれる様にどんどんと表情も変わっていきとても楽しく感じました。愛情が湧いてきますね。

塗っては研磨、塗っては研磨、、を繰り返し。。。
都度都度写真を撮るのを忘れてしまったのですが、最終型はこんな感じです。

以前に記事にしましたスネアベッドの試行錯誤と同じように、もう一つ試してみたかった事「エアベント ホール」

基本的には今のドラムには全てこのエアベントホールは存在するかと思うのですが、古いslingerlandのradioking そのキットのタム、フロアタムには、このエアベントホールが存在していないモデルもありました。

このタム、フロアタムを演奏した体感として、太さの中に張りの様な…ともすれば詰まりの様な空気のぶつかりがあり独特のコンプレッション感がありました。
その要素が面白く感じれた…という経緯もあり、またエアベントホールがない構造ではどんなスネアサウンドの特徴が出てくるんだろうという興味もあり、エアベントホールのない構造で完成させました。

深さが4インチなので、体積感はradiokingと比べるととても少ないですが、それでも想像していた様な留まる様な張りがあり、面白い感触があります。
所謂”太さ”の様な表情に繋がるかな~なんて期待していたり…、
浅いスネアドラム故のドライでライトなクラック感、に加えてそんな特徴が現れると良いなとイメージしました。

というわけで!オリジナルドラム1号機仕上げる事が出来ました!
なんといっても、組み上げて初めて鳴らしてみる際のドキドキ…そして一音目を聞けた時の想像以上の感動!
忘れられない、、そしてやみつきになりそう…!

どういうサウンドに繋がるのだろう…といろんな試行錯誤を詰め込んでみた今回の作製。
体感でき感触を掴めたものも沢山、そしてもっともっとやってみたい事も増えました。

自分の中に今まで溜めてきたものを注ぎ、豊かなインスピレーションの湧いてくる楽器を作り出す事ができれば良いなと、そちらの腕とアンテナも磨いていきたい気持ちです。

Birch
8ply
8 tention / 2.3㎜ steelトリプルフランジフープ
TOP&BOTTOM : 45度 ベアリングエッジ
REMO coated vintageA / YAMAHA nippongakki old snaresidehead (Heavyweight)
Puresound custom 20本

「ドラムチューニングについて その7」    スネア制作編

北村優一のブログ

前回のスネアベッドを切る前の状態から(詳しくは前回のブログをぜひご覧ください)、少しづつベッドに加工を重ねていきました。
その過程で音を記録した動画です。

スネアベッド カット前

少しづつ深く。
まずは第1段階。

スネアベッドを全く切る前の状態に比べると、スナッピーは随分食いつく様になりました。
平たく広がる様なバサッとしたスネアの鳴り方。
音後半の部分や、細かい弱いタッチの際にはまだ少しスナッピーが遠く感じ、パラ…シャバ…と分離した様な、残っているな印象。

当初あったスナッピーまでの距離感は近くなったけど、まだこういった後半の残りの部分にチューニングとは違う領域にある遠さ、、痒いところに手が届かない…みたいなものを感じました。

更に深く加工した第2段階。

もう1段階、深さを深くしてみました。
(第1段階動画のピッチと少し違っています…)

距離感もより近くなり、太鼓の空気感とスナッピーサウンドのバズ感が一体化してきました。
第1段階でも「お、キタキタ!」と感じていましたが更にしっくり来てます。
いい例えかわからないですが、とても自然に、コレコレ!感が溢れます…

第1段階と第2段階の深さの差はすごく少しなのですが、演奏した体感が想像以上でした…

最終的にもう少し加工してこの感じにしました!
ベッドを深くしていくとショットした際の食い込みかたにも変化が出てきました。
視覚的にもそうですが、音的にも近くなり、内側に圧縮!?した様に食い込んできている様に感じます。

スネアベッドがないとスネアサウンドにどんな影響があるのか…
形の違いによる音への影響はどう現れてくるのか…
そんな部分を体感してみたいな〜とその過程を感じながら、動画に撮ったものをアップしました。

加工して試奏して…と繰り返していると体感では結構な違いで、あの僅かな加工の差でここまで違いが生まれるんやな〜と思っていたのですが、動画ではなかなか伝わりにくかったかもしれないですね。
チューニングのピッチも全く一緒という訳でもないですし、詰めのあまい動画になってしまい正確な比較にはならないですが、お楽しみ頂けますと幸いです!

こういった事を踏まえて各社のベッドの形状を見つめるといろんな発見がありとても面白いなと思いました。
またディティールに対する自分の視点にも、大きな変化が生まれた様に感じます。

最終的には思い切った所まで深くベッドを削って挑戦してみよう!と考えていたのですが、なかなかに好みのサウンドに仕上がってきつつありまして、少し欲が出てきて止めておきました、、笑

きっとこの辺りの決断、判断も楽しく悩ましい所、ですね!

ここからは塗装し、最終段階に入ります!

ドラムチューニングについて その6 スネア制作編

北村優一のブログ

オリジナルスネアドラムを製作しました。

ずっと興味があり、いつか…と思っていたドラム作り。
少しづつ少しづつ進めていたのですが、ここぞとばかりに手をかけております。

Birch 8ply のシェル
ベアリングエッジは、内側/外側ともに45度で切削

(エッジ上の白い点に見える部分。シェルに空いた繋ぎ目にあたる部分で、穴をパテで埋めました。)

スペックは…
14×4 8テンション
ラグはチューブラグにしようと思います。
イメージするサウンドに結びつける様に仕様を考えるのもとても楽しい時間です。

ラグの穴、ストレイナー、バットの位置をマーキング

ラグの穴を開けていきます。

少しのズレが後々大きな支障になってしまいます。
慎重に…

仮組み

作製する過程において、スネアドラムに対しての構造的理解も学び深めたいと考え今回の作製では色々な試行錯誤をしました。
こうしたらどうなるんだろう…みたいな部分をあれこれと。
既に販売されている完成されたドラムではなかなか体感する事ができないので、ここぞばかりに!
貴重な実感、体感、、ドキドキ…

まずはスネアベッドの試行錯誤。
スネアベッドの無い状態のサウンド、スネアベッドを切った状態のサウンド、、
これは個人的にとても体感してみたかったテーマ。

カットする前のスネアベッド
ヘッド、スナッピーを装備するとこんな感じです。

スネアベッドをカットする前の映像を撮りました。
iPhoneで撮ったままの画と音です。

スネアベッドなしのスネアドラム初めて触れたのですが、とにかくスナッピーが食いついてこないのでパラパラ鳴っています。スナッピーまでが乖離して遠い、、反応しない。。バシッと喰ってこない…
なんとか喰ってくる状態にもっていくには、動画の様な低めのテンションになりました。
スネアサイドも結構テンションを緩めてさげております。
弱音のタッチではより喰いつきが良くないのがわかります。

それと、ヘッドを張っていっても太い体積感を感じる響きがありました。
スネアベッドがなくエッジが水平の状態をしている為、スネアサイドのヘッドが綺麗に振幅して低音がより発生しているのでしょうかね。太い!

スナッピーの喰いつきだけでなくこうした響き方も含めて、形状のディティールが与える影響がよりみえた気がします。

この後スネアベッドを少しづつ加工し、その辺の音も撮りためているのでまた記事を書いてみようかと思います。

最後に。
培われた技術や知識そして貴重なご経験、、、加工技術だけに留まらず本当にたくさんの事を惜しみなく教えてくださったriddimの伊藤さんに、改めて深く感謝いたします。

ドラムチューニングについて その5

北村優一のブログ

今回はカスタマイズについて。
スネアストレイナーのついていない状態だったLeedyのスネアドラムのシェル。
ストレイナーを取り付けてスネアとして使える様にカスタムしました。

Leedy
Broadway Dual
1935 (推測…)
15×6.5

ストレイナーがついていない状態だったため残っていた穴の位置関係から推測して恐らくこのモデルと思われます。

当時のカタログ(引用 drumarchive.com

製品名にある”Dual”
outsideとinsideに計2つ!
まさにこういったスネアワイヤーが2つ装備されていたんですね〜
より繊細にそしてパワフルにスネアサウンドを表現できる、当時は画期的なモデルだったのではないでしょうか。

色々調べているとメタルとマホガニーとラインナップがあったみたいです。
シェルの内側が白く塗装されていますがエッジから少し見えている部分から、恐らくソリッドマホガニーではないかと思われます。

今回は、オリジナルのストレイナーが外されている状態でしたので、ストレイナーをつける加工。
オリジナルのストレイナーは見つからず、使い勝手からもLudwigのP-85ストレイナーをつけることに。

マーキングして穴あけ。

左上の3つの穴はinsideスネアワイヤーのストレイナーが装備されていた穴かと思われます。

ラグ。
中に入っているスプリングも柔らかく、美しい。。
豊かなサウンドの大事な一部ですね〜

完成

15インチらしい、懐深いスケールある大きい鳴り方です。
14インチの頭でいると『ともすればルーズな鳴り方なのでは…」なんてイメージも湧いてきますが、全くそんな事はない事に少し驚きました。
テンションをかけても、包み込むような容量の多い豊かなサウンド。
手元の感触でおおらかな気持ちになります。

ヘッドは、フーカスのきいたアタックの厚みそして粒立ちを狙って打面にAQUARIANテクスチャーコーテッド1plyを選びました。

AQUARIANのヘッドはフィルムを止めているフープが特徴的です。
ヘッドとシェルそしてドラムのフープをより一体化する様に間をしっかりと結んでくれる印象で、コーティングやフィルムのシナリ感も少し重い質量感を感じ個人的にはREMOやEVANSに比べるとより堅固(!?)に感じています。
今回の様に粒立ちにフォーカスを効かせたい時や、柔らかく大きな音像感のキャラクターを持ったドラム、、なんかに選ぶ事が多い気がします。(絶妙なバランスが生まれる事が多いんですよね〜)

乾いたドライな響き、口径からか力強さも感じるサウンド。
90年近く大切にされ残された楽器をこうして今も使用できる事に嬉しい気持ちになります。

先のカタログに名前のあったBen Bernieの映像
このドラマーがSammy Finkさんかはわかりませんが。

Ben Bernie COMPLETE sound film 1924-1925!!!

繊細ですが、おおきな躍動感のある、バンドの呼吸を感じますね〜
目の前にすると、すごくダイナミックだったのでは…と想像します。
こういった環境から、Dualの説明にもある様により繊細でよりダイナミックな表現を可能にする楽器というのが求められていたことを感じます。

現代の標準とされるスネアのサイズは14インチですが、このモデルは15インチ。
当時はバスドラムも大きかったこともあると思いますが、
15インチというサイズ、繊細な表現を可能にしたDual機構、、この楽器が可能にしたダイナミクスレンジは面白いですね〜

なんて、想いを馳せながら…

ちょっとスネアの機構は変わってしまいますが、活躍してもらいたいなと思います!

セットアップ
AQUARIAN テクスチャーコーテッド1ply
EVANS スネアサイド300
Ludwig 14inch 12本

テンションボルト、ワッシャー、フープはそのまま変更せず、
フープは打面側はニッケルオーバーブラスフープ
ボトム側は内巻きのスティックセイバータイプブラスフープ

試奏動画

ドラムチューニングについて その4

北村優一のブログ

今回はメンテナンスの内容について少し踏み込んで書いて見ました。

今回メンテナンスしたのはこちらのRogersというアメリカのメーカーのタムです。1976年のカタログから登場しているBig Rなエンブレム。
シェルやレインフォースメントの構成などから恐らくBig Rエンブレムが出てきた初期にあたる70年の後期のものでしょうか、、推測…

汚れ、カバリングのクラックや浮きなど、、あまり状態は良くはありませんが、ぎゅっと実の詰まった太い鳴りが心地よいサウンドです。
音の立ち上がりが少しスタイリッシュな起き上がり方をする印象があります。これ以前のモデルには膨らむような温かい部分を感じていたのですが、その部分がまっすぐパンチのある強さに。エッジの形状も随分違っています。

所謂、芳醇で豊かな鳴り方のVintageらしさと、端正な音のラインを感じるモダンらしさが混ざった、ドラムサウンドとしての充実感があります。
(所感👨‍🍳)

少し試奏

僕は Rogers といえばAl jackson なイメージが真っ先に浮かぶのですが、もう一人アツいアツいBuddy Milesも!

Big R期よりも以前のモデルのRogersをセットした、1968.9年のその熱い演奏の映像を…

1つ目の映像はBuddy Guyのlive。すごい熱量の演奏…。タムがダブルヘッド仕様なのが見えます。スネアはダイナソニックでしょうか、、タイトにハイピッチ。顔、表情も熱い…カッコエぇ。
2つ目はジャケットで有名なあのシングルヘッド仕様のキット。

メンテナンス!
分解

今回、シェルの汚れはコンパウンドで磨いて汚れをとりました。
茶色くなっている部分が一部残っている箇所もありますが、ほとんど取り除けました。
磨き上げると白っぽくツヤも出てきて印象が変わりますね。

Before

After

メッキ部分。
こちらはスチールウール0000番で磨きました。
白っぽくくすんでいる部分は輝きが戻りました。

分解前

分解してクリーニング

組み上げ

テンションボルト、ラグはパーツクリーナーで洗浄しております。
ビニールのチャック付き袋に入れてシャカシャカ振って古い汚れた油を落とし、そのまま少し漬けこんでその後にふきあげています。

テンションボルトのサビなども軽く磨いてサビとり。
これは金ブラシで落としました。

↓76年のRogersのカタログ (引用 drumarchive.com)
NEW SPRINGLESS LUGS
このオーバーホールしたドラムもその型でしたが、ラグナットがスプリングで固定されているのではなく(Vintage Drumによく採用されていました)、Eリングの様なものでラグと固定されています。
カタログの説明には、「レコーディングなどのマイキングした際に、ぶんぶんいう音やガタガタ音を消します」との説明。

余談ですが、右下のSUPER X MUFFLER。
どこにでも好きなところに簡単に装着できるぜ!な取り外しタイプのミュートとの説明。
内蔵されているタイプもそうですが、このミュートならではな雰囲気のあるサウンドがあります。
これも時代を感じる一つの要素に思います!

タムホルダーパーツの下に隠れている部分。
酷く痛んでカバリングが剥がれています。
これも接着。

グリスアップ、ワックスアップして組みあげ。
クラックなどはありますが綺麗になって、雰囲気のある面構えになりました。

同じように14インチ、15インチもオーバーホールをしました。
やはり12インチと同様にカバリングにクラックがありますが、エッジやパーツは無事でした。
そして見た目も綺麗に蘇りました。

組み上げて鳴らしてみると良いサウンドです。
軽く試奏してみました。

この頃のRogersは先にもいった様な、Vintageらしさとmodernらしさを同居させているとても充実感のあるドラムと感じています。
演奏している際のタッチにもどこか力強さを感じて、今個人的にとても魅かれている楽器のひとつです。

最後に Band of GypsysなBuddy Miles!
音も良い〜
カッコエえ〜

ドラムチューニングについて その2 〜LAでの思い出①〜

ドラムのチューニング/音作りについて、、その方法や、考え方、新しいアイデア、トレンド!?… などなど。アンテナを張り巡らせ、試行錯誤したり、研究したり、聴きに行ったり、、胸をうたれては腕を磨いております。

そんな  “チューニングとは💡”  みたいな話を書く場所かと思うのですが、、

ちょっと備忘録も兼ねて…. 昨年訪れたLA ハリウッドで聞いてきた話や、実際に体感してきた小話、、なんかを今回は書きたいな~と思います。

素晴らしい体験をさせてもらった昨年のLA滞在。

話したい事が沢山あるのですが今回は、

「ドラマーではない音楽ファンの方々にも興味を持ってもらえる話」を!

(ブログの主旨と合っているか不安ですが…)

レコーディングスタジオをはじめ、コンサート、ライブハウス、インアウトバーガー、スコアリングステージ、楽器屋さん、イウアウトバーガー、レコードショップ、インアウトバーガー、などなどなど!

 様々な場所を訪れる事が出来たLA滞在の中でも特に楽しみにしていた場所、ドラムドクターズ。

このドラムドクターという所は、ドラムのレンタルから修理、そしてドラムテクニシャンの派遣、といった事を一手に担う、ドラム専門の会社。

その大きな倉庫の中には、ヴィンテージの貴重な物をはじめ様々なドラムが積み重ねられ、また名だたるアーティストのドラムも沢山保管管理されています。

このドラムドクターのボス、ロスガーフィールドさんは沢山のドラマーから信頼を集めるドラムテクニシャン。

こんな写真も!

(ロスガーフィールド氏とジェフポーカロ氏の2ショット)

そんな興奮止まぬ地を訪れることができ、話をさせてもらい情報を交換する機会に恵まれたのですが、そんな会話のなかで

このちょこんと乗っかっているドラム

とても綺麗に磨かれていますが、1953年頃に製造されたleedy & ludwigというメーカーのドラム、70年近く前のビンテージのドラムです。

👨🏼‍🔧「今は〇〇のレコーディングでよく使っているよ!」

と、とてもモダンと言われるサウンドデザインで構築されているアーティストの名前が、、!

このleedy&ludwig のようなビンテージドラムから響くサウンドは、ドライで図太く豊かな低音感が特徴的なのですが、そういった一方で音の立ち上がりが柔らかく円やかな事が多いため、シンセサイザーなど音の速度が速い電子楽器で彩られるモダンポップスの音楽においては、相性が良いと考えるには素直ではないな〜と感じておりました。

ですが、その「ドライなキャラクター」が今のモダンなポップスには求められている。との事で、この様なヴィンテージのドラムは大変重宝され活躍しているとの話でした。

帰国後に膨れ上がった頭の中を噛み砕き、いろいろと試し考え追求した事は言うまでもなく、、

その後自分なりの解釈の先にこれだ…!というアウトプットをしております。

(帰国後の、とある録音の写真。

この日は、leedy&ludwigのバスドラムにcoated AXを張っています。

coated AXの他にも、状況に応じてclearAclearEを張ったりしております。

タム、こちらも古いドラムで40年代に製造されたヴィンテージ。

この日に求められたサウンドを目指し、ボトムサイドのヘッドを外したシングルヘッド状態のセットアップになっております。)

あくまでも1つの側面かと考えますが

こういったビンテージの楽器が、モダンポップスと言われる音楽のドラムサウンドを彩っている部分、必要とされている特徴はどういった所なのか、

ドラムドクターではドライなというワードが上がっておりましたが、

・ヴィンテージ特有のドライで豊かな低音感

・サウンドキャラクターとしての鈍いツヤ感!

・その様な特徴をセットアップやチューニングでつめた低音の速さ(硬さ!?)

などがそういった部分なのかな~と個人的に考えたりしています。

その後、とある録音でこんな事がありました。 

ぼくのそんなLAからの経緯や、作業を全く知らないミュージシャンの方に「とても今っぽいドラムサウンドですね~」なんて感想を頂き、加えて「鈍ってて、重いけど速い」と表現されていました。

とても素敵な表現!と胸うたれ、、まさに…!と感じます。

(そう、、上記にあげました “鈍い” は、この感想をくれたミュージシャンの方の引用です笑。とてもフィットする表現だなと思います。)

こうした音を通した会話、意思の疎通にすごくビックリし、感動した出来事でした。

上記ではありますが、あくまでも一つの側面かとは思います。

ですが、こうした興味深い話を聞けて新しいアンテナが立ち大きなキッカケになりました。

そんな沢山のお土産話がありますので、またの機会に書き残せたらと思います。

ああ、、長くなりましたが。

そうしたドラムのサウンドが彩っているもの、、なんてものにも耳を傾けて音楽を楽しんで頂けたら、、と思うブログでした!

雑なまとめ方!!笑

そしてそして、そういった音色を追求しているドラマーさんの表現も楽しんでいただけると、さらに音楽にいろんな発見があるのでは、、!

なんて思うの日々です。

長い文章、読んでいただきありがとうございました!

北村優一

ドラムチューニングについて その1

ドラムのチューニングは、チューニングメーターを使用してそれぞれの音階にチューニング・調音するギターやベースなどとは違い、
” 他の楽器と合わせる”といったルールがないため、ドラマー自身が自分のイメージするサウンドにチューニングしていきます。
十人十色様々なサウンドに仕上がるのが、とても楽しい所の1つです。

その反面、自由度が高い所が難しいポイントでもあります。
どんなサウンドにしていいのかわからない…
あんなサウンドにしてみたい!というイメージはあるが、どうやったらあんなサウンドにたどり着くのか方法がわからない…
スネアドラムを購入したけれど、このサウンドでこのスネアを活かしきれているのか、自信がなくなってしまった…
など、、そういったチューニングの悩みが多いのも現実です。

このレッスンでは、そういった悩みを解決出来るヒントになる、ドラムチューニングの基礎や基本的な考え方、根元の部分をお伝えし、イメージするサウンドにたどり着く考え方、方法をお伝えしております。どうしても感覚的になってしまうドラムチューニングですが、2枚の皮を調整するドラムチューニングの特性を掴み、自分のものにしてしまえば音作りがとても楽しくなるのでは、、と考えています。

ドラムのチューニング、音作りが、頭で鳴っているイメージの音と重なったり、演奏する音楽とフィットする音に調整ができると、自然と演奏にも相乗効果が現れてより豊かな演奏へと結びつく事が多い様に感じます。演奏する楽しさと同じように、音作りの楽しさを発見出来るような、そんなお手伝いが出来ればと思っております。ぜひ、どんな些細な悩みでもご相談ください。
自分でイメージした音にチューニング出来る、そんな技術を獲得できる事を目指し、一緒に音作りしましょう!

北村優一