「ドラムチューニングについて その8」    スネア制作編

北村優一のブログ

オリジナルスネア作成

その後、スネアベッドも微調整して塗装をしました。

塗装そしてサンディング、難しいかな~と構えていたのですが、手作業を重ねていく事でそれに応えてくれる様にどんどんと表情も変わっていきとても楽しく感じました。愛情が湧いてきますね。

塗っては研磨、塗っては研磨、、を繰り返し。。。
都度都度写真を撮るのを忘れてしまったのですが、最終型はこんな感じです。

以前に記事にしましたスネアベッドの試行錯誤と同じように、もう一つ試してみたかった事「エアベント ホール」

基本的には今のドラムには全てこのエアベントホールは存在するかと思うのですが、古いslingerlandのradioking そのキットのタム、フロアタムには、このエアベントホールが存在していないモデルもありました。

このタム、フロアタムを演奏した体感として、太さの中に張りの様な…ともすれば詰まりの様な空気のぶつかりがあり独特のコンプレッション感がありました。
その要素が面白く感じれた…という経緯もあり、またエアベントホールがない構造ではどんなスネアサウンドの特徴が出てくるんだろうという興味もあり、エアベントホールのない構造で完成させました。

深さが4インチなので、体積感はradiokingと比べるととても少ないですが、それでも想像していた様な留まる様な張りがあり、面白い感触があります。
所謂”太さ”の様な表情に繋がるかな~なんて期待していたり…、
浅いスネアドラム故のドライでライトなクラック感、に加えてそんな特徴が現れると良いなとイメージしました。

というわけで!オリジナルドラム1号機仕上げる事が出来ました!
なんといっても、組み上げて初めて鳴らしてみる際のドキドキ…そして一音目を聞けた時の想像以上の感動!
忘れられない、、そしてやみつきになりそう…!

どういうサウンドに繋がるのだろう…といろんな試行錯誤を詰め込んでみた今回の作製。
体感でき感触を掴めたものも沢山、そしてもっともっとやってみたい事も増えました。

自分の中に今まで溜めてきたものを注ぎ、豊かなインスピレーションの湧いてくる楽器を作り出す事ができれば良いなと、そちらの腕とアンテナも磨いていきたい気持ちです。

Birch
8ply
8 tention / 2.3㎜ steelトリプルフランジフープ
TOP&BOTTOM : 45度 ベアリングエッジ
REMO coated vintageA / YAMAHA nippongakki old snaresidehead (Heavyweight)
Puresound custom 20本

「ドラムチューニングについて その7」    スネア制作編

北村優一のブログ

前回のスネアベッドを切る前の状態から(詳しくは前回のブログをぜひご覧ください)、少しづつベッドに加工を重ねていきました。
その過程で音を記録した動画です。

スネアベッド カット前

少しづつ深く。
まずは第1段階。

スネアベッドを全く切る前の状態に比べると、スナッピーは随分食いつく様になりました。
平たく広がる様なバサッとしたスネアの鳴り方。
音後半の部分や、細かい弱いタッチの際にはまだ少しスナッピーが遠く感じ、パラ…シャバ…と分離した様な、残っているな印象。

当初あったスナッピーまでの距離感は近くなったけど、まだこういった後半の残りの部分にチューニングとは違う領域にある遠さ、、痒いところに手が届かない…みたいなものを感じました。

更に深く加工した第2段階。

もう1段階、深さを深くしてみました。
(第1段階動画のピッチと少し違っています…)

距離感もより近くなり、太鼓の空気感とスナッピーサウンドのバズ感が一体化してきました。
第1段階でも「お、キタキタ!」と感じていましたが更にしっくり来てます。
いい例えかわからないですが、とても自然に、コレコレ!感が溢れます…

第1段階と第2段階の深さの差はすごく少しなのですが、演奏した体感が想像以上でした…

最終的にもう少し加工してこの感じにしました!
ベッドを深くしていくとショットした際の食い込みかたにも変化が出てきました。
視覚的にもそうですが、音的にも近くなり、内側に圧縮!?した様に食い込んできている様に感じます。

スネアベッドがないとスネアサウンドにどんな影響があるのか…
形の違いによる音への影響はどう現れてくるのか…
そんな部分を体感してみたいな〜とその過程を感じながら、動画に撮ったものをアップしました。

加工して試奏して…と繰り返していると体感では結構な違いで、あの僅かな加工の差でここまで違いが生まれるんやな〜と思っていたのですが、動画ではなかなか伝わりにくかったかもしれないですね。
チューニングのピッチも全く一緒という訳でもないですし、詰めのあまい動画になってしまい正確な比較にはならないですが、お楽しみ頂けますと幸いです!

こういった事を踏まえて各社のベッドの形状を見つめるといろんな発見がありとても面白いなと思いました。
またディティールに対する自分の視点にも、大きな変化が生まれた様に感じます。

最終的には思い切った所まで深くベッドを削って挑戦してみよう!と考えていたのですが、なかなかに好みのサウンドに仕上がってきつつありまして、少し欲が出てきて止めておきました、、笑

きっとこの辺りの決断、判断も楽しく悩ましい所、ですね!

ここからは塗装し、最終段階に入ります!

カワコウのギター三昧 #16

【カワコウのギター三昧#16】

どうも夢を見た後は必ず夢占いをしますギター講師カワコウです
あれ当たるんですかね
でも不安なので一応毎回占っております

さて
全4回にわたって書いてきた”フィンガーピッキング”最終回の今日は最近とても好きで時々使用している奏法”ギャロッピング”について書きたいと思います

まずどんなものかわかりやすいように
僕が参加しているGET BILL MONKEYSというバンドのロミオにさせてという曲を聴いてください

イントロの19秒あたりから使用しているのが
”ギャロッピング”という奏法です
ギターの音を歪ませているので聞きづらいかもなのですが
簡単にいうとベースとコードとメロディーを同時に出す事ができる奏法になります

ベースを親指で鳴らし

余った指でコードとメロディーを鳴らします

つまり右手の各指が独立して役割をもっている形になります

最初の方は親指などが他の指につられて
リズムが崩れたり
ある程度慣れが必要な奏法にはなるのですが
できるようになると一人でいろんな役回りができて非常に楽しいです

ちょっとギター弾いてよって言われた時に
弾くとモテる事間違いなし
だと思います

バンドの中でもギターがビートを出せるため
アンサンブルに躍動感を出す事が
でき上手く使う事ができれば
非常に使い勝手のいい奏法です

弾き語りの時なんかに使用すれば
躍動感も出せてきっと楽しい気持ちになると思います

さて全4回にわけて書いてきた”フィンガーピッキング”
書いた他にも様々な奏法があるのでいろいろ調べると楽しいと思います
ピックとフィンガーピッキングを使い分けてより表現力のあるギターを弾けるように頑張りましょう

では最後に”ギャロッピング”ならこの人
chet atkinsのmr sandmanでお別れしましょう
最後まで読んでいただきありがとうございました

カワコウのギター三昧 #15

【カワコウのギター三昧#15】

どうも思い出話し大好きギター講師カワコウです
友達によると思い出話しをすると寿命が延びるそうです
長生きしたい人は是非思い出話しするといいかもしれません

さて今回も引き続き”フィンガーピッキング”について書いていきたいと思います
今回紹介するのは”チキンピッキング”です
なんか美味しそうな名前の奏法ですが
とても使い勝手が良く僕も非常にお世話になっている奏法です
これは前回紹介した奏法と違いピックを持ったまま使う奏法になります
やり方としては
右手でピックを持ち余った中指やクスリ指でで弦を弾きます

この時大切なのが弦を少し引っ張り気味に弾くという事です

このように弾くとブライトで非常に元気な音がでます
元々カントリー系のギタリストが使用していた奏法で
現在はペトロールズや東京事変でお馴染みの長岡亮介さんなどその他幅広いジャンルで使用されている奏法になります

指で弾かれた音が鶏の鳴き声に似ていたことからこの様な名前がついたそうです

この奏法の便利な所はピック+指で音が出せるため音数の多いフレーズなどを楽に弾けるようになる事です
指を補助的な役回りにしてピックを最小限の動きにするイメージです
さらに3弦から1弦などの弦飛びフレーズを
3弦(ピック)1弦(中指)など担当を分ける事で
簡単に弾ける事ができます

このようにフレーズの幅がピックでだけの時より広がる事によってギターの表現できる幅も広がり是非取得したい奏法ですね

指で弾いた音色はブライトな独特な音色をしているので同じフレーズでもピックでだけの時と違った風に聞こえるので使いこなして
ギタリストとしての表現の幅を広げるのに良いのではないでしょうか

それでは最後にチキンピッキングの名手
albert leeのcountry boyでお別れしましょう
最後まで読んでいただきありがとうございました

うちで叩こうvol.2   森信行

「ひとり森だくさん」
無料配信live @HAZE RECORDING STUDIO

6/20 無事45歳を迎えることができました。

毎年、自分の誕生日には、お世話になっている方々をゲストに迎え
僕が叩きまくる「森だくさん」というイベントを開催してるのですが、
今年はコロナの影響であえなく断念。来年仕切り直して開催しようと思ってたのですが悔しくて、もったいなくて。。。色々考えた末に、「ひとり森だくさん」と銘打って初のソロワンマンliveを無料配信することにしました!この企画に賛同し全面協力してくれた、 ドラム11台バンドメンバー HAZEくんには心から感謝!!

ソロワンマンと言ってもオリジナルソングがあるわけでもなく。ドラマーとして面白いことはできないか?と考えついたのが、『お世話になった方々の曲の弾き語りカバーをレコーディングして、その録った音にドラムをリアルタイムで重ねていく』という手法でした。

自分の弾き語りということで、ドラムで合わせてもタイム感やノリは完璧に合っちゃう あたりまえだけど笑 クリックを全く使わず、かなりエモーショナルな揺れのある弾き語りでしたが、結構いい感じで一人アンサンブルできました!!
これは本当に面白かった!!! そして自分のクセやこだわりを、改めて再確認できました あぁ感情的になるとフィルでめっちゃ走ってるんだ俺 とか 笑 弾き語りは冷静に丁寧にやった方が逆に感情が移入出来るとか!

あと思わぬ発見としては、アコギにコンプをかけるとめちゃくちゃやりにくかったってこと。。。配信などではフラットに音を聴かせるためにかけることが多いらしいのですが、小さい音が増幅されて、全く無感情な演奏になってしまう。ここは気持ちが込めれるかどうかの生命線でコンプ有無では全くノリも変わってしまうので、今回は思い切って外してもらいました。故に相当生々しい音になりましたが、この揺れのおかげで、失敗も含めて、より生々しいライブ感のあるセッションができたんじゃないかと思います!
一人だったけど 笑 逆に一人が故により生々しく

この模様は、URLを知ってる方のみの限定配信としてアーカイブに残してありますので、興味ある方は覗いてみてください!!

次回はこの時使ったドラムセットについて話そかな

「Piano is my Life.」 Vol.1   伊東ミキオ

ピアノを弾き始めて47年。
半世紀が経とうとしている。恐ろしや(汗)
小学一年生だった僕にピアノをやったらいいかもしれませんねと
言ってくれた担任の先生。それが嬉しくて嬉しくて!ピアノを習い始めたのだった。
先日親父に確認したらヤマハのアップライトピアノを購入してくれたのが昭和51年3月25日で自宅に届いたのが昭和51年4月24日。当時の領収書もしっかりと保存されていました。
自衛隊官舎の4階に住んでいたのでピアノ搬入が大変で搬入代金は当時のお金で27,000円。ピアノ本体は数十万円(ご想像にお任せします)
今思うと親父もお袋も相当な思いで僕にピアノを習わせてくれたんだなと
改めて感謝の気持ちでいっぱいになっております。
21歳で熊本から上京してプロになったのが23歳の時です。
今年デビュー31周年目なのか。あっという間ですね。
いいこともあれば辛いこともたくさんありました。
音楽に突き落とされては、何度も救われてきました。
このブログではピアノの話や、僕が影響されてきたピアノマンやバンドの話。
実際ライブやレコーディングで体験してきた話を綴っていけたらと思います。
それでは次回をお楽しみに!
(写真は今は熊本にあります愛用したピアノ)

カワコウのギター三昧 #14

【カワコウのギター三昧#14】

どうも麻婆豆腐大好きギター講師カワコウです
麻婆豆腐と米の組み合わせは数ある幸せの中で5本指にはいる幸せですね
言い過ぎか
でもコスパも良くて良いですね

さて前回は”フィンガーピッキング”について書きました
今回も引き続き”フィンガーピッキング”について書いていきたいと思います

”フィンガーピッキング”の利点として僕が一番良いと思うのが複音やコードなど違う弦の音を同時に鳴らせる事だと思います
コードなどをピックで弾く場合ダウンストロークやアップストロークにしろどうしても
音が鳴るまで時差がでてしまいます

これはギターの特性上しょうがない事で
ギターらしい音色で悪くないのですが
これを解決してくれてるのが”フィンガーピッキング”です
各弦を指でピッキングするわけですから
ピックで弾くよりも時差がなくなります

わかりやすくいうとピアノでのコードの鳴らし方に近いと言えます
僕的にこちらの方がコードの塊としての聞こえかたが強く歌の伴奏などで効果的に使えます

もちろんピックを使った時にでるアタック感は少し弱くなるのでそちらも併用した使い方になります
例えば曲中で静かな所は指で弾き
ビートを出したい所ではピックで弾く
など曲に緩急をつける事ができます
この緩急が非常に大事で表現の幅が広がると思うので是非取得したいですね

では最後に”フィンガーピッキング”で素晴らしいリズムギターを弾きながら素晴らしい歌声が聴けるjohn mayerのstop this trainでお別れしましょう
john mayerは”フィンガーピッキング”の名手でたくさん独自の奏法があるので是非他の曲も参考にするといいと思います

最後まで読んでいただきありがとうございました

カワコウのギター三昧 #13

【カワコウのギター三昧#13】

どうも極度の近眼ギター講師カワコウです
昔はコンタクトもしていましたが
面倒臭くなり只今メガネ生活をしております

さて前回まではピッキングについて話してきましたが
今回は打って変わって”フィンガーピッキング”について書いていきたいと思います
”フィンガーピッキング”という名前から分かるようにピックを使わずに指で弦をピッキングする技術になります
僕も普段から活用して良く使う奏法になります

主に僕が使うのは6弦〜4弦あたりの太い弦を親指で

3弦〜1弦の細い弦を人,中,薬指で

弾きます

もちろんフレーズや曲中で例外的に違う指を使ったりもするのですが
基本的にこの配役で弾きます

指のどの箇所を弦に当てるかも重要で
音が変わってきます
例えば
指の腹に近いほう

で弾くとまろやかで丸みを帯びたトーンの音がでます
オクターブ奏法などと組み合わせると非常に効果的です

爪のほう

で弾くと
高音の効いた抜ける音がします
単音のギターソロなどアクセントをつけたい時に僕は良く使います

このようにピックで弾く時とは違い
様々な音色が出す事ができる
”フィンガーピッキング”取得すると
間違いなく表現の幅が広がると思います
今後何回かにわけてこの”フィンガーピッキング”で僕が特に良く使う奏法を説明していけたらと思います

最後に”フィンガーピッキング”といったらこの人jeff beck-cause we’ve ended as lovers
でお別れしましょう
最後まで読んでいただきありがとうございました

カワコウのギター三昧 #12

【カワコウのギター三昧#12】

どうもごま団子が大好きギター講師カワコウです
出来立てのごま団子は熱々で食べづらいですがカリカリしていて甘くて美味しいですよね
中華街行きたいな〜

さて気を取り直して
しばらくピッキングの事について話してきましたが
もう一つ僕のよく使うというか
使いすぎて癖になっている奏法をご紹介します
それは”巻き込みピッキング”です
これよく使うんですが名称がわからず
適当につけました(笑)
例に漏れず写真で説明すると

1弦15fを弾くときに

右手で他の弦をミュート(軽く触れて音を消す)して巻き込みながら音を出します

なかなか分かりづらいと思うのですが
ストロークをするように一つの音をピッキングする感覚です
右手のミュートがとても大切で音をできるだけ出さないのがポイントです
これは本当によく使う奏法で
初めて知ったのはエリッククラプトンを映像で見た時です
音は一つしか鳴っていないのに
右手は他の弦を鳴らしていたのです

こうする事で音に助走がつきより説得力がつきます
大きい声を出すときに息をたくさん吸い込みますよね?
その原理と一緒です
より人間らしいというか
機械には出せない素晴らしい音がでます

ギターには息継ぎがなくても弾けるという特性があります
サックスなどトランペットには息継ぎをするという行為が付属するのでより人間らしい音色使いになります

今回のテクニックはギターにもその人間らしさをつける奏法だと思います
この人間らしさというのがギターを弾く上でとても重要な課題でそれにすこし近づける
この奏法は是非取得していただきたいですね

全4回にわたってピッキングや右手の技術に関しての事を書いてきましたがいかがでしたでしょうか?
コードを抑えたり忙しい左手に注目がいきがちですが右手の技術を見直す事で
よりサウンドや表現の幅が広がるのではないでしょうか
それでは最後に素晴らしい”巻き込みピッキング”が聴けるBBkingのthrill is goneでお別れしましょう
最後まで読んでいただきありがとうございました

カワコウのギター三昧 #11

【カワコウのギター三昧#11】

どうもコーヒー大好きギター講師カワコウです
ギターを練習する時必ずと言っていいほど
コーヒーを横に置いてます
頭もさえて作業効率UPしているはず、、

前回ピッキングハーモニクスについて書きました
今回は”逆アングルピッキング”について書きたいと思います

”逆アングルピッキング”とはなんぞやと思う人もいると思うのですが

ピッキングフォームには大きく分けて3つあります
それは弦に対してピッキングする時のピックの角度によって変わります

一般的なのは”順アングルピッキング”

ピックが弦に対してネックの方に角度がついています

こちらは”平行アングルピッキング”

弦に対してピックが平行になっています

そしてこちらが”逆アングルピッキング”

”順アングルピッキング”とは逆側に角度がついています

見るからに弾きにくそうなフォームですね
実際ギターをある程度弾いてる人が
このフォームで弾くと今まで何をやってきたんだというくらい弾きにくいです

しかしやってみると明らかに今までとギターの音が変わってきます
言葉で表すのは難しいのですが
音の粒立ちが格段に良くなります
芯のある音といいましょうか

さらにこの”逆アングルピッキング”は
カッティングとの相性がとても良いです
アップピッキングのときに弦にピックが
程よく噛むのでファンキーな裏のリズムが強調されてとてもかっこいいサウンドになります

それでは最後に逆アングルピッキングのサウンドがかっこいいjimi hendrixのbleeding heartでお別れしましょう
最後まで読んでいただきありがとうございました